中間処理許可一覧(産廃・特管産廃・一般廃棄物)

許可一覧

収集運搬 中間処理 一般
廃棄物
海洋
汚染処理
産業
廃棄物
特別管理
産業廃棄物
産業
廃棄物
特別管理
産業廃棄物
燃え殻
汚泥
廃油
廃酸
廃アルカリ
廃プラ
紙くず
木くず
繊維くず
動植物性残渣
動物系不要物
ゴムくず
金属くず
ガラ陶くず
鉱さい
がれき類
動物のふん尿
動物の死体
ばいじん
13号廃棄物
感染性産業廃棄物
石綿含有産業廃棄物

詳細は、許可内容にてご確認ください。

産業廃棄物処分業許可 (許可番号:03546003258)

事業の区分 産業廃棄物の種類
中間処理 焼却
(分解を含む)
廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)・陶磁器くず(自動車等破砕物を含む。以上、三種類)、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、ゴムくず、鉱さい、がれき類、動物のふん尿、ばいじん 以上17種類
油水分離 汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ 以上4種類
中和 廃アルカリ 以上1種類
破砕 廃プラスチック類(自動車等破砕物を含む)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず 以上5種類
圧縮減容 廃プラスチック類(自動車等破砕物を含む)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず 以上5種類
切断 廃プラスチック類(自動車等破砕物を含む)、紙くず、木くず、ゴムくず 以上4種類
埋め立て ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く)・陶磁器くず(自動車等破砕物を含む) 以上1種類
(これらのうち、特別管理産業廃棄物であるものを除く。)

特別管理産業廃棄物処分業許可 (許可番号:03576003258)

事業の区分 産業廃棄物の種類
中間処理 焼却 感染性産業廃棄物 以上1種類
焼却、油水分離
汚泥
(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、ベンゼンまたは、1,4-ジオキサンを含むことのみにより有害なものに限る)
廃油
(揮発油類、灯油類及び軽油類、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、ベンゼン又は、1,4-ジオキサンを含むことのみにより有害なものに限る)
廃酸
(水素イオン濃度指数2.0以下のもの、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、ベンゼン又は、1,4-ジオキサンを含むことのみにより有害なものに限る)
廃アルカリ
(水素イオン濃度指数12.5以上のもの、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、ベンゼン又は、1,4-ジオキサンを含むことのみにより有害なものに限る)

以上4種類

中和
廃アルカリ
(水素イオン濃度指数12.5以上のものに限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く)

以上1種類

分解
汚泥
(シアン化合物を含むことのみにより有害なものに限る)
廃アルカリ
(シアン化合物を含むことのみにより有害なものに限る)

以上2種類

一般廃棄物処理業(処分) (許可番号 宇部市 第319号)

事業の区分 一般廃棄物の種類
焼却 事業系一般廃棄物(廃プラスチック類、金属くず、紙くず、木くず、動植物残渣、ゴムくず)
事業区域 宇部市内全域

海洋汚染等及び海上災害の防止に係る処理 (許可番号 九運海舶 第112号)

事業の区分 一般廃棄物の種類
焼却
廃重質油
(ビルジ、水バライト、タンク洗浄水、コレクトオイル、スロッブオイル、スラッジ、その他)
廃軽質油
(水バライト、タンク洗浄水、スロッブオイル、スラッジ、その他)

中間処理(産廃・特管産廃)

焼却処理

ロータリーキルン&ストーカ炉電気集塵器&バグフィルター

ロータリーキルン&ストーカ炉による燃焼方式で廃油、廃プラスチック類などの可燃物や廃酸、廃アルカリなどの廃液、また汚泥などの泥状物も機械化によって効率よく処理します。

処理工程の排水はクローズドシステムで全て焼却炉内で処理します。排ガスについても最新鋭の設備を導入し公害防止に万全を期しています。

中和及び分解処理

シアン化合物を含む、汚泥、廃アルカリは、専用の保管施設で貯留し、自動供給ラインで焼却炉に投入し900℃以上で完全に高温分解させます。

破砕処理

破砕機

一軸破砕機を設置し、焼却の前処理として形状の大きな廃棄物を小さく破砕し処理します。また、有資源活用としてリサイクルにも対応します。

油水分離処理

油水分離設備
油水の適正処理効率化の為、油分を含んだ廃水を分離槽内で水層と油層に分離し、水層は焼却炉で高温処理し、油層は燃料(熱源)として可能な限りリサイクルさせます。

圧縮減容処理

圧縮減容器

廃プラスチック類などを選別、圧縮、梱包し原料としてリサイクルします。